コンテンツへスキップ

障がい者就労継続支援B型 チャレンジド

「就労意欲がありながらも就労できない。」「就労しても長続きができない。」等、障がい者には様々の要因があり、就労が困難な状況でもあります。
そのため、個々の障がい者には適切な配慮が必要であり、社会人としてのスキル(技術)を身に付ける必要があります。
チャレンジドでは、そのような方々が就労に向けて努力することを後押しし、自覚を促し、訓練する場所です。
「働くための準備は、出来ていますか?」不安や心配がある方は、是非私たちにサポートさせて下さい。
「チャレンジドは、働きたい!」を、支援します。
お仕事についてからも安心して長く働けるように定着支援も定期的にいたしております。
  就労を目指す方はぜひ見学または、相談に来てください。
※当事業所では、障がいの有る方の就労支援・就労継続支援を行っております。

《チャレンジド》
「チャレンジド」とは、障害を持っている人をあらわす、アメリカで生まれた言葉です。正しくは、「ザ・チャレンジド」(The challenged)と言います。
「挑戦すべき課題や才能を持っている人々」という意味がこめられています。
「すべての人間は、生まれながらに自分の課題に向き合う力を持っている。しかも、その課題が大きいほど、向き合う力をたくさんもっている」という哲学に基づいています。

   ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★  就労継続支援B型 チャレンジド  ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★   
  パソコンを使っての業務(名刺作成・書類作成)をメインとして一般企業での就職が難しい障がいをお持ちの方に、働く場を提供すると共に、就労に必要な知識や能力向上のための支援を行っています。
ご利用の流れ
開 設 日   月曜日~金曜日 (年末年始・夏季・祝日を除く)
対 象 者   身体・知的・精神障碍者で、一般企業での就労が難しい方
費用負担    負担に関しては、担当者にお尋ねください。
(厚生労働大臣の定める基準による利用者負担金及び重要事項説明書に定める実費)
主なサービス   名刺作成・ハガキ作成・封筒印刷作業
〇〇〇〇〇〇〇地図作成作業
〇〇〇〇〇〇〇Excel・Word作業
〇〇〇〇〇〇〇イベント等の実施(イベント、クリスマス会)
〇〇〇〇〇〇〇その他必要に応じたサービス(仕出し弁当¥410-~、送迎(実費)など)
事業目的  利用者及び家族等が安心して地域で日常生活が送れるよう、
〇〇〇〇〇〇〇その実情に応じ創作的活動又は、生産活動の提供、社会の交流の促進
〇〇〇〇〇〇〇等の支援を行うことを目的とする。
作業及び実習の内容
〇〇〇〇〇〇〇◇事業所内外の清掃 ◇パソコン ◇軽作業他
就労継続支援B型の一日のスケジュール

  9:00~  9:30 通所・バイタルチェック
  9:40~10:40 パソコン/軽作業
10:50~11:00 休 憩
11:00~12:00 パソコン/軽作業
12:00~13:00 昼 食
13:00~13:50 パソコン/軽作業
13:50~14:00 休 憩
14:00~14:30 パソコン/軽作業
14:30~14:50 日報・掃除
14:50~15:00 退所・送迎

☆★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★